スポンサーリンク
スポンサーリンク
Arduino電子工作

SW-520D Tiit ModuleをArduinoで使ってみた

使用したモノ

  • Arduino Uno R3 互換機
  • SW-520D Tiit Module (傾きの検出)
  • ジャンパー線
  • LED (LEDの用途は入力した値の判定を視覚的に確認する目的なので無くても大丈夫です。)
  • 抵抗1KΩ (LEDに繋ぐためなのでLED使わなければ不要です。)

回路の作成

違う所を探す方が難しいくらい同じような回路を作成し続けています。
モジュールを電源とデジタルピン(12)に接続します。

スケッチの作成

void setup() {
  pinMode(13, OUTPUT);
}

void loop() {
  if (digitalRead(12) == LOW) {
  digitalWrite(13, HIGH); 
  } else {
  digitalWrite(13, LOW);
  }  
}

センサーの先端が下側を向いている時は消灯していますが、上向きにすると点灯します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました